協会について

設立経緯

ドローンを操縦できるだけでは…

ドローンはあらゆる業界の効率が上がり必ず役立つツールであることを知り、一般社団法人ドローン大学校で知り合った同志とプロジェクトチームを作り、建築現場における外壁調査、鉄塔・ケーブル調査、太陽光パネル調査、鉄道会社の夜間調査等の事業をすべく様々な営業活動を行っていました。

その中で私達がハードルとなったことは、それぞれの各業界の業務における経験や実績を保持していることが前提で、知識や資格があり、そしてその業務をドローンを活用することによって低コストで請け負えるから受注できないということ。

結果

業務委託で請け負うのは困難

パイロットができることは…

私達は活動の中で、建築現場における外壁調査、鉄塔・ケーブル調査、太陽光パネル調査、鉄道会社の夜間調査等の事業会社さまから以下の未来予想をヒアリングしました。

現在、日本における人手不足による問題は深刻化しており、外国人労働者を雇用する方向にもなっているほどです。そうすると、現在社員に任せている調査業務の中の「見てくる」「撮影してくる」といった部分の作業を費用対効果の高い外部のドローンパイロットに委託することは目に見えている。

結果

作業委託なら請け負いやすい​

パイロットを必要とする企業の悩み

ドローンを活用することで作業効率が上がり、費用対効果が高いことの認知はある。
なのに、ドローンパイロットに依頼しないのはなぜなのか?

理由①:誰に(どこに)依頼して良いのかわからない
理由②:パイロットのスキルの良し悪しが判断しにくい

結果

①②を解決するとパイロットの需要が高まる

ドローンスクールの役割

近年、ドローンを活用した仕事が総じて「ドローンビジネス」と呼ばれる業界が定着するとともに、「ドローンスクール」と称されるカルチャースクールも一般的に認知され支持されるようになってきました。それは、ドローンを飛行させるためには国交省への申請やその他の法律が絡んできたり、さらにはモラルといったものまでも絡んでくるからです。そういった部分をしっかり学ぶことが出来るのがドローン学校であります。
やはり、飛行させるための知識や教養、そして基本的な操作技術は独学で学ぶのではなく、スクールで習得することが最短であり重要なことだと考えます。実際にドローンを飛行させるとなれば、各関係部署からの許可承認を取得したり、その他の法律等の専門家に相談したりといった、他人に迷惑をかけないように気をつけることが必要になります。
ただ、それはドローンを飛行させるための環境や設備そして基本操作を知っている、できるといったじとの許可承認の証明にしかすぎません。言い換えれば、ドローンを使って撮影するために必要な飛行操作技能における証明ではないということです。

当協会の役割

本来ドローンは人間の目で手で操作するものです。なので、ドローンを飛行させるには、どういう飛行技術を持っているのか、どういう映像を撮影する操作技能があるかが重要なことだと考えます。

✗ドローンを飛ばすことが出来る資格を持っています
✗ドローンで上手に撮影できます
✗ドローンがあったら効率が上がります

上記のようなアピールをしても「凄いですね」「難しいんですか?」といった返事が返ってくるだけで、その先に繋がりにくいのが現状です。

○○○という飛行が出来ます

○○○を撮影する技術があります

といったハッキリとした飛行技術や撮影技術を提示することが必要だということです。

当会はパイロットが持つ操作技能を12項目に分け、第三者として認定し、パイロットがアピールしやすい環境を作ることを目的として、安全運行と飛行現場の創出に繋げることを目的として設立しました。

ドローンスクールの運営に求める国土交通省の考え

2018年現在、国内におけるドローン資格といえば、国土交通省が認可する各団体が定める認定資格であり、各団体のスクールで所定のカリキュラムを修了し取得することになっています。しかし、国交省が導入する公認制度のドローンスクール運営の基準は、以下の4項目です。

①講習期間は2日以上であること。
②安定した離着陸、高度を維持したホバリングなどの実技訓練を行うこと。
③航空法で定められた飛行禁止区域や機体の点検項目など座学も実施すること。
④講習団体の運営面ではこれまで1年以上講習を実施し、30時間以上の飛行実績を有し、適切な指導ができる教官を一定数配置すること。

※これらを満たした団体が国交省のWEBページの記載されます。

協会概要

名称*一般社団法人ドローン操作技能認定協会
(英語表記*AerialCares Association)
設立年月日*2018年8月21日
理事長:中森顕夫
専務理事:松田智仁
常務理事:佐野幸男
常務理事:説田有恒
———————————
監事:大瀬良広子

主要事業

1 ドローン操作におけるガイドラインの策定と管理
2 ドローン操縦者の操作技能の認定活動
3 ドローンの民生分野での活用に関わる応用技術の研究開発支援
4 ドローンの調査研究の受託と実施
5 ドローンの国内外への普及に資する視察、イベント、セミナーの企画開催
6 ドローンの操作技能の維持と向上のための飛行場の運営
7 ドローン関連の事業支援
8 ドローン関連の諸機関等との情報交換、連携および協力
9 その他、本会の目的達成に必要な事業

TOP